臨床薬学科

臨床薬学科

バイオテクノロジーの進歩により、分子レベルでの生命現象解明が進む中、この先いつしか遺伝子操作により人格や個性までもがかえてしまうかもしれないまでに、医療技術は進化しています。そんな中、技術が高まれば高まるほど、それを取り扱う技術者のモラルが重要視されています。こうした最新の技術に対応する知識はもちろん、使用にあたってのモラルと責任感を持つ薬剤師の育成-それこそが本学科の目的です。

 

これからの薬剤師の役割として、一人ひとりの患者と向き合い、あらゆる手法を駆使し一般市民への薬剤知識の啓蒙活動までもが含まれます。
そして病院での医療支援者としての役割、さらには糖尿病やがんなど個々の疾病に対応できる薬剤師の特化など、患者さんに直接接し、会話の出来る薬剤師が必要とされています。
学科長紹介
定本清美 教授

定本 清美

Sadamoto Kiyomi

臨床薬学科/薬理学研究室(教授)

プロフィールへ

 

チーム医療の一員としての活躍をめざして!

報道においても様々な疾患における医療技術や治療の進歩が日々話題となっており、国民の多くの人が興味や期待をもってそれらを受け止めています。そのような中で、薬は検査や診断、そして治療において大きな役割を果たしています。全ての患者さんが薬の世話になると言っても過言ではありません。従って多くの薬は一般的な「物」としての価値以上の威力を発揮する存在として、医療の中での大切な役割を担っています。すなわち、薬はその役割を最大限に発揮し、またより少ない副作用で使用していくために「使われ方」が問題となり、医療用の医薬品ばかりでなく薬局で売っている一般用医薬品においても、使用者が適切にそして正しく使用することが望まれます。

超高齢化社会を迎えた日本においては、よい薬を処方するだけでなく、その薬を使う機会が多い高齢者に対して配慮し、飲みやすく間違えないで飲めるような工夫も必須でしょう。よい薬を有効に使っていくことが、医療の質や経済性にもつながっていくと考えられます。このような背景から、社会においては真に医療や疾患、社会背景を理解し、チーム医療の他のメンバーと共に行動できる臨床薬剤師が求められています。共に働く医療従事者の役割を理解した上で、薬の専門家として薬剤師にはどんな使命があるかを自ら考え行動できる薬剤師の育成を目指しています。学習、実習、病院や薬局で行われる実務実習、社会活動など6年間に多くの経験をしながら、医療の現場で活躍できる資質を養って頂きたいと思います。