受験生の方

学部長の挨拶

篠塚 達雄

Shinozuka Tatsuo

薬学部長 / 薬学博士
病態生理学研究室 教授日本薬学会 代議員
日本薬学会 (関東支部 幹事 / 環境・衛生部会)
(薬毒物試験法作成委員会  委員長)
神奈川県薬事審議委員会 委員
日本法科学技術学会 評議員
日本法中毒学会 評議員

薬学分野における輝きを

薬学分野からの出身者は現代医療の抱える難問に果敢に取り組み、新薬の研究開発などに多大な貢献をしています。 薬剤師は高度な専門知識と経験を持ち、人々の健康に関するさまざまな活動に取り組んでおり、国民から大変信頼されている存在です。

 

●6年制

健康薬学科、漢方薬学科、臨床薬学科薬学部が6年制に移行するとともに、薬剤師の業務内容は変化しており、医療の現場では調剤、服薬指導、薬歴管理、薬品情報の収集などは勿論のこと、病院では医療チームの一員として医師、看護師と共に回診し、患者の症状に最適な薬、剤形、用法・用量などについて重要な情報を提案しています。
地域の薬局では、在宅医療、介護相談など健康に関する身近な相談相手として活躍しています。

また、薬剤師は、県や市の薬務行政、保健所、衛生試験場などで、生活環境の安全確保に取り組んでいます。
本学卒業の薬剤師には、他にない特徴を身に付けるようにカリキュラムが組まれています。
健康に関するスペシャリストになれる知識であり、医療者の相談に乗れる漢方の知識であり、臨床現場ですぐに役立つ技術や知識です。
これらをお約束するために3学科(健康薬学科・漢方薬学科・臨床薬学科)を設けているのです。

 

●4年制薬科学科

薬剤師がより直接的に医療業務に特化する傾向にあり、その反面、医薬品の創製、開発、生産、さらには健康食品、化粧品、環境や衛生分野などの薬学関連領域への人材供給が必要となってきています。
医療改革時代における日本の成長産業であるバイオ・化学産業の発展のためには、薬学的な医療・創薬の知識と理工学的な知識、技術等を融合することにより、広く人類の福祉・健康に貢献できる創造性にあふれた新しいタイプの医療・創薬関係の職種に関わる人材の育成が求められます。
そのために横浜薬科大学4年制薬科学科では薬学・医学・工学を融合した「創薬研究」を行い、製薬、化学、化粧品や食品などのバイオ・化学産業に貢献できる技術者(マイスター)の養成と生命科学関連の大学院(薬学・理学・工学・基礎医学・農学)に進学できる薬学マインドを持つ学生を輩出してまいります。
平成28年からは薬科学科に教職課程を開設し、中学校・高等学校の理科教員への道も開かれております。
 

●横浜薬科大学
(自然豊かなグリーンキャンパスでの学生生活)

横浜薬科大学は2006年、近代薬学発祥の地、横浜に最新の研究設備、最高の教職員を揃えて開学しました。
本学では、建学の精神として「個性の進展による人生練磨」を掲げ、薬学の専門知識のみならず、病気で精神的に不安になっている患者さんの心がわかる、「惻隠の心」を持つ医療人の育成に重点をおいています。 
横浜薬科大学は教職員一同、「薬学分野で輝きを放つ」皆さんの入学を心からお待ちしています。