受験生の方

薬剤師の仕事

健康薬学・漢方薬学・臨床薬学、それぞれにグレードの高い薬剤師として社会へ

その高度な専門知識や技術をもとにして、薬科系大学の卒業後の進路は幅広い範囲におよびます。
また、本学の漢方、健康薬学など従来の薬学部では扱われていなかった分野を学ぶことで、従来以上の幅広い進路が期待できます。
さらに、卒業することで得ることのできる資格も多岐にわたり、自分の卒業後の就職や進路を支える大きな基盤となるのです。

病院・診療所の薬剤師

仕事は、調剤業務だけではありせん、医師や看護師に薬に関する情報提供や投薬のアドバイスを行うなど、医療スタッフの一員として活躍します。

薬局・薬店

ドラッグストアなどでは、薬剤師不足が深刻な問題となっています。また、調剤薬局を開設・管理することは、薬剤師しかできません。今後、医薬分業やセルフメディケーションが進むなかで、薬局・薬店のさらなる成長が期待されています。

メーカーの医療[学術]情報担当者

一般に、MR、MSと呼ばれる業務です。製薬会社と医療現場のコーディネーターとして、正確な医薬品情報などを届けるとともに、医療現場の声を研究開発にフィードバックさせる役割も果たします。

メーカー、卸の学術情報担当(MS=Medical Specialist)

製薬会社が製造した医薬品を、病院や薬局に届ける卸売業。医療機関に対し、正確な医薬品の情報と価格情報を提供し、医薬品の卸値についての交渉なども行う職業です。

メーカー研究者

製薬メーカーで新薬開発のため、製造方法や作用のチェックなどの実験や研究に取り組みます。また食品分野、美容分野でも、薬学の研究者に対するニーズは高く、多くの薬科大出身者が活躍しています。