大学案内

学科紹介

6年制 薬学科
薬学界において、世界的トピックスである3分野を 学科として設置
21世紀の医療は、“薬物治療の患者個別化”や疾病の治療以前にある“予防重視”の方向へとシフトしていくと考えられています。また、医療現場での事故防止への危惧から“医薬品の適正使用”と“医療ミス防止”も重要視されており、その全てに薬剤師が大きな役割を担うこととなるのです。こうした時代の要請に応じることができる薬剤師の育成を、本学の目的としています。

 

2005年の総務省調査によれば、現在国民の5人に1人が65歳以上とされ、さらに2020年には3人に1人へとその割合を高めると予測されています。そして高齢者の増加による医療現場の負担増も間違いないものと言われています。それに加え、2002年の調査から、2001年度の診療報酬のうち1000億円が不要な投薬や検査などに使用されたという、医療現場での「過剰投与、検査漬け」の実態も明らかになてきているのです。
こうした実態を踏まえ、医療保険制度の行き詰まりを避ける意味からも、薬物による副作用をなくし、無駄なコストを削減するために個々の患者に特有の臨床状態と価値観に配慮した”薬物治療の患者個別化”の実践が強く求められています。
さらに生活習慣の改善などによる”疾病の予防”、軽症患者の自己治療による”重傷化の予防”などを基本とする、予防医療の重要性が指摘されつつあります。
こうした時代の要請から、薬剤師の持つ割合は今後ますます大きなものとなり、同時に近年多数報道されている医療ミス、投薬ミスを防ぐ上で、その責任はより重くなっていくと考えられています。
そこで本学では、従来の薬学分野にとどまらない、漢方医療の知識や地球環境をも視野に入れ、患者中心の医療を実践し、セルフメディケーションへ寄与することのできる薬剤師の育成を目的として、一学部三学科を創設します。
 

最新の「薬学教育モデル・コアカリキュラム」を考慮した教育の実践。

2002年、薬学教育の6年制を見越しその改善・充実の方策として日本薬学会か提示した「薬学教育モデル・コア・カリキュラム」。このモデルカリキュラムに加え、「薬学教育の改善・充実に関する調査研究協力者会議」よりの提言を踏まえ、本学では一般教養教育の充実、臨床薬学教育の充実、長期実習などを盛り込んだ6年一貫教育を実践し、さらには「個の医療」「予防医療」へ貢献できる薬剤師の育成を実現することのできるカリキュラムを実践します。

 

4年制 薬科学科

横浜薬科大学4年制薬科学科では、薬学・医学・工学を融合した「創薬研究」を行い、製薬、化学、化粧品や食品等のバイオ・化学産業に貢献できる技術者(マイスター)の養成と生命科学関連の大学院(薬学・理学・工学・基礎医学・農学)に薬学マインドを持つ大学院へ進学できる学生を輩出します。

 

 

 

 

一般教育の充実
  • さまざまな患者と向き合い、会話を交わして医療人として、広範な社会一般の教養を身につけるため、一般教育をより強化します。
臨床薬学教育の充実
  • 医療現場で多くの医療従事者と接し、投薬管理を行う上で必要とされる臨床薬学教育の充実を実現し、あらゆる医療現場で活躍できる薬剤師育成を実現します。
個の医療を実現する教育内容
  • ゲノム情報を活用する「テーラーメイド医療」を目指した研究医や老人薬理、時間薬理など薬物治療の個別化の必要性と重要性を学びます。
病院・薬局での実務実習の充実
  • チーム医療の現場で「薬の専門家」として活躍するためのバックボーンとして、3学科共通で臨場感あふれる病院・薬局での実務実習を実施します。