HAMAYAKU情報

YOKOHAMA豆知識

YOKOHAMA豆知識

Vol.1 「ヘボン式」の豆知識

今、私たちがあたりまえの様に使っている、ヘボン式のローマ字。
このヘボン式発祥の地が、横浜だったって知ってましたか?

1862年(文久二)年、日本最初の英和辞典である「英和対訳袖珍(しゅうちん)辞書」が出版され、それから五年後の慶応三年(1867)2月、日本で初めての和英辞書が横浜で出版されました。
医者で宣教師であったアメリカ人ヘボンの編さんした『和英語林集成』で、見返しに「美国(アメリカのこと)平文先生編訳」と記してあります。平文先生とは横浜と最も関係の深い外国人のひとり、ヘボンのことです。
ヘボンは、開港直後の1859(安政六)年9月、日本伝道の目的で横浜に上陸し、1861年(文久元)年にブラウンらと運上所前の官舎で、日本人のために英語を教えました。
八年間の努力のすえ『和英語林集成』をまとめ、1866(慶応二)年印刷のため上海に渡り、岸田吟行協力のもと、翌年印刷を完成しました。この辞書に使われているローマ字がいわゆる「ヘボン式」のもととなったものなのです。居留地三九番(旧谷戸橋のほとり)ヘボン邸のあとには立派な記念碑が建っています。

ちなみに、ヘボン式ローマ字の創始者であるヘボン(1815~1911)の姓は,英語で書くとHepburn で、女優のオードリー・ヘップバーンと同じスペルです。ローマ字の Hepburn が自分でヘボンと書いたように、そのほうが Hepburn に近い発音なのです。つまり、ヘボンは発音重視で、ヘップバーンはスペル重視と言えます。日本人の多くがアルファベットが読めない時代には、耳から入った英語をカタカナで表した一方で、近年は、目から入ったスペルをカタカナ化していると言えそうです。