健康薬学科

健康薬学科

現在、世界一の長寿国である日本。
高齢者の健康維持や成人の生活習慣の予防への関心も高く、いかに健康に、充実したくらしを維持できるかが医療の大きな課題となっています。こうした現状に対し、発病を予防する”一次予防”と痴呆や寝たきりにならないで生活できる期間”健康寿命”を延ばすことにつながる薬学-それこそが本学科の目的です。

 

「いかに健康な生活を維持していくか」
この課題に向け、疾病の発症に関わる保険衛生、食品衛生、環境保全、化学物質の毒性研究など、広く生活全般に関わる知識を備え、治療のみにとらわれず、さらに進んだ予防医療の見地から地域医療やセルフメディケーションに貢献できる薬剤師が必要とされています。
学科長紹介
森 和也

森 和也

Mori Kazuya

健康薬学科/生化学研究室(教授)

プロフィールへ

「癌」「糖尿病」、「循環器疾患」など、個々の疾病に対応できる 専門薬剤師に。

医療の進歩の中でがん、脳卒中、心臓病などの重大な疾患が、生活習慣に原因があることが分かってきました。これらの病気にかからないためには常日頃の健康管理が重要であることを示しています。社会に広がるセルフメディケーションへの期待は、「健康管理」に対する生活者の意識改革の表れです。しかし、一般人の医療知識には限界があり、予防の段階から健康管理をアドバイスできる薬剤師が待望されています。また、薬を中心として運動学・栄養学・免疫学・環境対策など、健康に関わるさまざまな知識と技術を駆使して、薬剤師の概念を超える領域で活躍する人材も期待されています。
本学の健康薬学科は、広範囲のフィールドで活躍できる薬剤師の育成に努めます。