健康薬学科

健康薬学科

現在、世界一の長寿国である日本。
高齢者の健康維持や成人の生活習慣の予防への関心も高く、いかに健康に、充実したくらしを維持できるかが医療の大きな課題となっています。こうした現状に対し、発病を予防する”一次予防”と痴呆や寝たきりにならないで生活できる期間”健康寿命”を延ばすことにつながる薬学-それこそが本学科の目的です。

 

「いかに健康な生活を維持していくか」
この課題に向け、疾病の発症に関わる保険衛生、食品衛生、環境保全、化学物質の毒性研究など、広く生活全般に関わる知識を備え、治療のみにとらわれず、さらに進んだ予防医療の見地から地域医療やセルフメディケーションに貢献できる薬剤師が必要とされています。
学科長紹介

小俣 義明

Omata Yoshiaki

健康薬学科/分子生物学研究室(教授)

プロフィールへ

「癌」「糖尿病」、「循環器疾患」など、個々の疾病に対応できる 専門薬剤師に。

日本は、世界一の長寿国です。これは、高齢化社会に突入していることを意味しています。高齢者の健康維持や成人病の予防は、これからの医療の大きな課題となっています。健康な生活を維持するためには、栄養や環境問題はもちろん、薬物中毒への対応も必要になります。疾病の予防・治療はもちろん、健康に暮らすための幅広い範囲を網羅した薬学。それこそが、本学科の目的です。
「病気にかからない生活を送りたい。いつまでも健康を維持したい」という願いは、人類共通です。その願いを実現するには、衛生学、栄養学、さらには環境化学までの幅広い知識を持ち、ライフスタイルへのアドバイスもできる薬剤師の育成が欠かせません。
健康薬学科では、健康を維持し、健全な生涯を送るための健康管理と、疾病予防を目的とした医療を、セルフメディケーションの立場から理解し、実践できる薬剤師を育成します。特徴的な科目としては、予防医学に重点をおいた健康管理学、運動生理学、精神と健康、地球環境特論、環境生理学、食品機能学、栄養学、免疫学特論、生活習慣病特論などがあります。さらに、食品の安全性や環境問題など、身近な問題にも果敢に取り組める知識と技術を身に付けた専門家の育成をめざしたいと考えています。