漢方薬学科

漢方薬学科

現在、漢方薬は疾病の予防と健康促進、術後の治療、痛み緩和、西洋薬の副作用緩和などに対して高い治療効果をあげており、医師の約80%が何らかの形で漢方を利用していることからも、その効果の高さは広く認められています。こうした現状を踏まえ、現代医学の中に漢方を組み込むための手法を分析・研究し、活用する-それこそが本学科の目的です。

 

医療の重要性についての認識が高まる中、漢方薬学の特徴である身体のバランス、食生活、体質や症状を重視するという考え方は、まさにこれからの医療に求められる考え方といえます。
医療現場における漢方薬の利用の多さから、漢方治療を行う病院やその処方箋を受ける調剤薬局など、実務現場で役立つ漢方についての知識を持つ薬剤師が必要とされています。
学科長紹介
榊原 巌 教授

榊原 巌

Sakakibara Iwao

漢方薬学科長  / 漢方天然物化学研究室 教授 

薬学博士 薬剤師 
所属学会 :日本薬学会 ・日本東洋医学会 ・日本生薬学会(代議員)

漢方に精通した薬剤師育成

 21世紀の高齢化社会において、漢方治療は現代医療と相互補完の形で応用され、漢方製剤の需要はますます高まっています。
6年制薬学の新コアカリキュラムへの移行に際し、従来、生薬学の範疇に置かれていた漢方薬が、新たに薬物治療学のカテゴリーに再編成され、西洋薬と同様に治療アイテムの一つに見なされるようになりました。
実際、病院の調剤室あるいは調剤薬局の薬品棚には、ごく当たり前のように漢方製剤が置かれ、ごく普通に漢方が処方される時代になりました。


従来、漢方薬といえば、内科あるいは婦人科の薬というイメージが強かったのですが、現在では、消化器外科の術後管理として、がん化学療法の副作用軽減として、認知症の周辺症状の改善を目的として適用され、あらゆる診療科で使われるようになりました。


このような中、薬剤師には漢方に関する専門的知識が要求されるようになっています。横浜薬科大学は開学時に、国内では数少ない漢方薬学科を設置し、1年から6年次まで、幅広く漢方の専門知識を学ぶカリキュラムが設けられています。漢方の専門知識を身に付けるということは、医療現場において漢方治療の面で、医師と対等に向き合える武器を身に付けることになります。実際、本学の漢方薬学科を卒業し、現在、医療の現場でその専門知識を生かし活躍している先輩たちも数多くいます。受験生の皆さん、漢方に精通した薬剤師を目指し、われわれ教員と一緒に漢方を学びましょう!