就職・進路

卒業生INTERVIEW

本学の卒業生の進路は病院・診療所の薬剤師、製薬メーカーでの研究者やMR(医療情報担当者)やMS(卸の学術情報担当)、薬局・薬店の薬剤師、食品メーカーの新商品開発担当、官公庁の薬剤官などと幅広い範囲におよびます。ここではその一部の卒業生をご紹介致します。

調剤薬局勤務
製薬会社勤務
メーカー勤務
病院勤務
官公庁勤務

調剤薬局勤務

出身県:神奈川県
鶴見大学附属中学校・高等学校出身

子どもの頃はとても健康で、薬局で薬を処方される事ってほとんどありませんでした。それでも年に一回くらいは風邪をひいて、行く薬局があったのですが、そこの薬剤師さんが私の事をずっと覚えていてくださって、いつも身体の心配をしてくださっていました。
その薬剤師さんのホスピタリティに子どもながらにも感銘を受け、漠然と薬剤師さんに憧れました。さまざまな薬科大学の中から横浜薬科大学を選んだ理由は、勉強に対する手厚いサポート体制があったから。1期生ということで、先輩がいなかった分教務や学生課からのさまざまな支援は心強かったです。現在は薬剤師として、横浜市内の薬局で働いています。すべての仕事を正確にこなすのはもちろんですが、患者さんに対してやわらかい雰囲気で接し、しっかりと目線を合わせて服薬指導を行うよう心がけています。患者さんが安心して病気やけがの治療に専念できるよう、サポートしています。製薬世界は日進月歩です。常に新しい知識を吸収し、患者さんに安心していただける薬剤師になっていきたいです。


出身県:宮城県
石巻好文館高等学校出身

私は子どもの頃から剣道をやっていたのですが、高校生の時に疲労骨折をしました。治療を行う過程で、担当の薬剤師に親身に接してもらったのがきっかけで医療関係に興味を持ちました。化学にも興味があったこともあり、自然と薬剤師を志すようになりました。横浜薬科大学を選んだのは、第一期生ということで学校の歴史を自分たちで担うことができるという気持ちが強かったからです。現在の職場では薬剤師として7名の仲間とともに、患者さまの服薬指導を中心に行っています。仕事をするにあたっては「正確性」に気をつけ、日々業務を行っています。ハマヤクの良いところは学生と先生方の距離がとても近いところ。そこでのコミュニケーションで得られたものは、今の仕事でとても役に立っています。これから薬剤師をめざす人は、少しでも興味があれば、ぜひチャレンジするべきだと思います。大学のカリキュラムを通して必要なことは学べます。まずは勇気を出して一歩踏み出すこと。すべてはそこから始まると思います。


出身県:神奈川県
神奈川県立鶴嶺高等学校出身

小さい頃、薬を服用する機会が多く、症状がピタッと止まるたびに「魔法みたい」だと思っていました。そんな薬について知りたいという思いがあり、薬剤師を目指すようになりました。横浜薬科大学の学びは、意欲ある人にとって最適だと思います。基礎から始まり医師、看護師、介護、栄養など他職種の業務を学ぶこともでき、早い時期から国家試験対策なども充実していました。勉強だけでなく、多くの友人と出会えたこと、アルバイトにも励んでいたので充実の6年間でした。就職支援ではマナーや言葉遣いの講習、ランチョンセミナーなどを活用させてもらい、希望通りの進路を決めることができました。今、薬剤師一年生として、薬局で調剤業務中心に一般用医薬品の販売なども行っています。患者さまとふれあう機会が多いので、そこが一番のやりがいです。患者さまの目線でものごとを考え、信頼される薬剤師になれるよう努力していきます。


出身県:神奈川県
大学入学資格検定取得

横浜薬科大学は私の入学時は新設校でしたが、国家試験対策を始め学生へのサポートが充実していました。この充実したカリキュラムを活かすのは、本人の薬剤師になりたいという動機付けや学ぶ意欲、姿勢です。私は切磋琢磨できる友人に恵まれ、自分を高められる大学生活を過ごすことができました。ゼミの指導や教授との交流なども良い思い出です。大学で学んだことをベースに、今、実社会で勉強の日々を送っています。店頭で調剤業務、一般用医薬品のカウンセリングなどを行っていますが、医薬品や商品知識についてまだまだ未熟で、処方内容も自分の知らない用法・用量があります。焦らず勉強し、常に冷静にミスなく、丁寧な対応ができるようになりたいと思います。未熟な私に対しても患者さんから「ありがとう」「この間のお薬効いたよ」といった声をかけていただくこともあります。そんな患者さんからの感謝の言葉をたくさん積み重ねていきたいです。


製薬会社勤務

出身県:神奈川県
金沢高等学校出身

高校生のときに将来手に職を付けたいと考え、医療関係に興味を持ちました。薬学の道を志したのは「人の身体を傷つけずに病気を治癒させることができる」という点に感銘を受けたからです。大学は一期生でしたので、アドバイスをいただける先輩がいなかったので大変でした。その代わり同級生同士はとても結束が固かったですね。現在の就職先を選んだのは、人との関わり合いを重視したからです。「薬剤師と患者さん」という関係を越えたところで、資格を生かして働きたかったですからね。仕事は常に前向きで、苦手意識を持たないように心がけています。気配りを忘れずに、お客様のニーズにあった提案を行うように心がけています。そしてお客様に元気を与えること。それが一番の目標です。これから薬学の道を志す皆さんは、やる気、そしてあきらめない気持ちを持ち続けてください。神様は乗り越えられない試練は与えませんので、信念を持って、自分自身の道に進んでいただきたいと思います。


出身県:神奈川県
舞岡高等学校出身

現在、私は医薬情報担当者(MR)として、担当地域の医療関係者の方々に安全性情報や研究データ、論文などを通して、自社医薬品に関連する情報提供活動を行っています。また医療関係者を対象とした新薬の勉強会や研究者を招いた講演会の企画運営も任されています。時間を有効に使って多様な仕事を経験し、日々社会人としての成長を実感できるのは、横浜薬科大学での学生生活があったからこそだと思います。大学1年次から薬剤師の国家試験対策のカリキュラムが充実していて、先生方の丁寧なご指導とweb教材による自習で力が身につきました。また軽音楽部を仲間と一から立ち上げ、予算を組み機材を揃えてライブ活動を実現しました。勉強も部活動も一生懸命に最後までやり遂げたことが就活でも大きな自信となりました。薬剤師の国家試験は難関ですが、強い意志と時間の使い方の工夫次第で勉強も課外活動も両立できます。後輩の皆様にも是非、文武両道の学生生活を満喫して欲しいです。


出身県:神奈川県
私立北鎌倉女子学園高等学校出身

私は「自立した女性になる」という目標に向けて、薬剤師という国家資格を取得するため、横浜薬科大学で学びました。振り返ると、勉強は大変でしたが、仲間と過ごした楽しい思い出も多く、メリハリのある充実した学生生活でした。先生方は私たち学生の質問にとことん付き合ってくださり、キャリアセンターではエントリーシートの添削などのサポートを受けました。卒業後は、念願の医薬情報担当者(MR)として忙しい日々を送っています。担当エリアの医師に対して自社製品の安全性データ、研究データなどの情報提供のほか、医療関係者向けの勉強会や医師向けの講演会なども実施しています。今はまだ先輩に助けてもらいながらの仕事なので、一人前のMRになることが当面の目標です。少しずつ仕事にも慣れてきたので、今後一層努力して、担当エリアの病院や他社メーカーにも名前が通るような、存在感あるMRになりたいと思っています。


出身県:静岡県
私立加藤学園暁秀高等学校出身

現在、医薬情報担当者(MR)として医師、薬剤師、看護師の方々に医薬品、最新文献、研究会の情報提供などを行っています。また先生のニーズに応じて病院と診療所の連携を作る役割を担うこともあります。仕事は裁量をもたせてもらっていますが、知識、スキル、人間性ともまだまだ足りません。毎日少しでも成長しようという姿勢と気持ちで努力しています。学生時代は先生方が熱心でとても手厚く指導、フォローしていただいたことが思い出されます。また研究室では非常に濃い時間を過ごし、公私ともに多くを学びました。恩師と仲間とのつながりは今でも大きな財産です。大学での学びをベースに、出会いと経験を重ねて一人前のMRとして成長し、将来は世界を舞台に活躍したいですね。会社の海外進出にあたり、その展開を担っていけるような人間になることが目標です。そのためにも、目の前の仕事に全力で取り組んでいます。


メーカー勤務

出身県:神奈川県
日本大学高等学校出身

高校の時から化学が好きで、人体や健康作りに関わる学問に興味があったことから、薬学部を志望しました。また、大学敷地内やその周辺に緑が溢れてとてもキレイで、6年間通うには良い環境だと思い、本学を志望しました。
在学中は、ダンスサークルや生薬学研究室での卒業研究に勤しんでおりました。学業が忙しく大変な思い出もありましたが、友人もたくさん出来、とても充実した6年間でした。
今の会社に就職するきっかけは、薬膳に興味を持っていたこともあり、食品の開発職を希望していたことでした。そこで1人の消費者としてファンであったエースコックを志望しました。 現在は、入社したばかりという事もあり、仕事の内容を学んでいる状況です。これからは、スープ開発の担当として様々な新商品のスープを作ります。私が作った商品が、全国のコンビニやスーパーの棚に並ぶ時を楽しみにして頑張りたいと思います。また、化学や人体の知識を活かして、品質が良く、健康づくりをサポート出来る薬剤師ならではの食品づくりがしたいです。 薬剤師の知識は化学や物理、生物と多岐に渡るため、食品や化粧品など様々な分野の仕事で幅広く用いることができると思います。薬剤師免許の活かし方はその人次第だと思うので、広い視野を持って就職活動されてみてはいかがでしょうか。


病院勤務

出身県:神奈川県
神奈川県立横須賀高等学校出身

漢方薬学科に在籍し、6年間を通して西洋薬だけでなく漢方医学と生薬について学び、将来は西洋薬と漢方薬両方に精通した薬剤師になりたいと思うようになりました。漢方薬というといわゆる「不定愁訴」や「未病」に対して有効であると考えられていますが、それ以外にも現代医学の治療による副作用の緩和にも有効であることを学びました。「漢方薬は古くて新しい薬」とは講義で先生がおっしゃっていた言葉ですが、とくに副作用の避けられないがんの治療で漢方薬が活かせないかと思い、がん治療の専門病院であるこの病院を選びました。就職活動を始めた当初は右も左も分からない状態で、キャリアセンターに何度も通って相談に乗っていただいたり、提出書類の添削や面接の練習をしていただきました。就職活動には不安が付き物ですが、キャリアセンターの先生方のサポートがあったおかげで第一希望の病院に就職することができたと思います。


出身県:神奈川県
森村学園高等部出身

小学3年生のころ、体調が悪くて病院に行ったときに、薬局でもらった薬で元気になり、それから薬剤師に憧れました。小学校の文集にも書いたほどです。その夢をずっと持ち続けていました。たまたま病院実習がこの病院で、この病院の薬剤師になりたく、この病院に就職したくて頑張りました。現在は調剤室でいろいろな薬を調剤することが主な仕事です。調剤室では患者さんの顔が見えませんが、病棟を回り患者さんの顔を見ると、この仕事を続けたいなと思います。薬剤師という仕事の基本は同じですが、患者さんを目にするのとしないのでは、全然意識が違ってきます。日常業務をこなすこともありますが、この病院は環境も整っているので、学ぼうと思えば学べるし、自分次第でモチベーションが違ってきます。学生のときから緩和ケアに興味があり、緩和医療薬学会にも参加しています。学会に参加すると、いろいろなことが学べて新鮮です。高校時代は理系のクラスでしたが、理科系科目は苦手でした。むしろ理系科目は大学に入学してから勉強しました。大学1~2年には「基礎物理」や「基礎化学」などの基礎科目があって、さかのぼって学習ができたことが良かったですね。


出身県:神奈川県
神奈川県立横浜翠嵐高等学校出身

横浜薬科大学で私たちは第二期生ということもあり、私たち自身が歴史をつくっていくという気持ちが強かったですね。先生と学生の距離が近く、研究室のメンバーは第二の家族のような存在でした。就活や国家試験のことなど何でも相談でき、勉強でもサポートし合いました。就職支援では、履歴書や小論文の書き方指導、模擬面接、社会人になっての言葉遣いなど基礎から指導していただきました。一人ひとりに対してとても手厚く親身になっていただいたことに感謝しています。私は高校時代に祖母の闘病生活を間近で見て、もっと有効な治療方法や薬の副作用などを考えるようになって薬剤師を目指しました。今、ようやくそのスタート地点に立って、入院患者さんや外来患者さんのお薬の調剤、救急外来での服薬指導などを行っています。患者さんの笑顔や感謝の言葉を励みに、薬剤に関するスペシャリストとして、一歩一歩成長していきたいと考えています。


官公庁勤務

出身県:東京都
高校卒業程度認定試験
大学入学資格検定

もともと自衛隊には興味がありましたが、大学の講義で、薬局を経営しながら予備自衛官をしている薬剤師の方の話を聞く機会があり、これだと思いました。航空自衛隊が、東日本大震災で救援活動に当たるところを見て、さらに魅力を感じました。ところが試験の受け方が分からなくて、大学のキャリアセンターに相談に行きました。大学6年生の初めに願書を出し、1次試験の筆記と2次試験の面接を受けました。面接では「危険な場所に行くことができるか」という質問もあり、「理解した上で希望している」と答えました。熱意を表すことが大切だと思います。入隊後は40週にわたり訓練を受けます。同期には女性の幹部候補生が7人いますが、ここでは女性扱いはされません。訓練の集大成として20キログラムの荷物を担いで24時間で60キロメートルを行軍したり、3時間遠泳もやりました。訓練が終わって初めて薬剤師として1年間の病院研修が始まります。航空自衛隊の薬剤師は、普通の薬剤師ではできない、いろいろなことが体験できます。これから薬剤師を目指す後輩たちも、ぜひ目指してほしいと思います。