お知らせ

台北医学大学薬学部との学術交流協定締結

2016-07-12

7月4日(月)~5日(火)、本学 石毛敦学部長が台湾の台北医学大学を訪問し、学園グループの第一薬科大学、日本薬科大学の代表者と共に学術交流協定に正式調印しました。
私立台北医学大学は1960年に開学した医療系総合大学で、現在7学部(医学部、歯学部、薬学部、看護学部、公共衛生営養学部、医療技術学部、人文社会科学部)および3つの附属病院が設置されています。薬学部においては、従来の4年制課程に加えて、3年前からPharm.Dコース(6年制課程)を併設し、臨床薬学教育の強化を進めています。2016年現在、学部学生と大学院生(修士・博士課程)を合わせて約900名の学生が薬学部に在籍しています。
今後、学園グループ合同での学術交流会議やシンポジウムの開催、学生交流の一環として台湾での短期留学プログラムの実施等の交流活動が実施される予定です。

 

横浜薬科大学の紹介をする石毛学部長 スライドを使用して大学紹介 台北医学大学の先生から質問も聞かれました 台北医学大学 呉学部長(写真右)より 記念品を頂きました 学園グループより台北医学大学へ博多人形を贈呈 MOU(調印覚書)への調印 台北医学大学 呉介信薬学部長と都築学園グループ代表者と記念撮影