お知らせ

タイのワライラック大学とのMOU締結式

2017-09-26

2017年9月11日、横浜薬科大学とタイ ワライラック大学薬学部とのMOU締結式がワライラック大学にて行われました。

ワライラック大学学長、副学長、学部長をはじめ大学や薬学部関係者、国際交流部門関係者の参列によって盛大に開催されました。

本学からは、都築明寿香副学長を代表として、国際交流委員長 定本清美教授、国際交流委員 梅原薫教授が参列しました。

 

ワライラック大学

●タイで最大の敷地面積を持ち、文科系学部や医療系学部(医学、薬学、歯学、看護学など)を設置した総合大学である。薬学部は設立して10年程であるが、質の向上が急速に進んでいる。
さらに、実質的な成長を望み、積極的に国際交流などを展開し始めている。 ●大学は首都バンコクの南、国内移動の飛行機で1時間ほどの場所に位置している。 ●大学は今後は地域の医療拠点となる事が期待され、既に最新設備を備えた大学病院が建設中であり、竣工が待たれている。 ●薬学部は、臨床薬学はもとより、地域特性を生かした生薬の研究やタイ伝統医学への応用など、研究と教育、また実務能力の向上が積極的に実践されている。

 

 本学副学長はMOU締結式ばかりでなく現地施設の見学を精力的に行い、今後の学生交流、研究交流などの実質的な交流を積極的に進めていくように意向を示しました。
 それに対して、現地の先生方から絶大な歓迎と共に、今回の副学長のご尽力に深く感謝の意が示されました。

 

MOU締結式の様子 左:ワライラック大学 ソンバット タムロンタンヤウォン学長 右:本学 都築明寿香 副学長

 

調印式後の記念撮影

 

MOU締結にご尽力いただいたワライラック大学ウェエラス先生(写真 :中)

 

ワライラック大学 本部棟前での記念撮影