お知らせ

平成29度第1回【漢方理解促進講演会】が本学にて開催されました

2017-10-07

平成29年10月7日(土) 神奈川県保健福祉局生活衛生部が主催する【平成29年度第1回漢方理解促進講演会】に協力しました。本学薬学部長の石毛教授による【冷えと漢方】をテーマとした講演会や薬草園を案内しました。
広く県民の皆さんを対象とした今回の講演会には、約90名の方々が参加され、熱心に講演を聞き、また、興味深く薬草園を見学されていました。

 

 

 

朝方までの雨もあがり、青空が顔をのぞかせる中、多くの県民の皆様にご参加いただきました。
受付にて、県の担当者から講演資料などを受け取り、会場に案内します。

 

講演会の開始に先立ち、主催の県保健福祉局生活衛生部の薬務課副課長のご挨拶です。

 

いよいよ、石毛教授による【冷えと漢方】をテーマとした講演の開始です。
はじめに、石毛教授より【たくさんの漢方薬が存在するので専門家に相談してみたいと思われれば幸いです。きっと、自分に合った漢方薬があるに違いない!という希望を持っていただければと思っております。気楽にスライドをご覧ください。】とのリラックスしたことばから始まりました。

 

講演の最後には、参加者の皆さんから、いろいろな質問がありました。
漢方薬について関心の高さがうかがえます。
また、参加者の中には石毛教授の著書について教えてほしいとの問い合わせもありました。

 

 

 

講演会の後には、本学の2年生の学生の案内で薬草園を見学していただきました。
これまでの勉学や事前研究の成果を存分に発揮して、一生懸命に参加者の皆さんにわかり易く説明しています。
学生の知識の多さに参加者の方々も感心していました。

 

第1回漢方理解促進講演会の記事が「美容経済新聞」に掲載されました
≫記事はこちら