お知らせ

池崎教授が南希望ヶ丘中学校で薬物乱用防止講演会「くすりを知る」を行いました

2017-12-21

4年制薬科学科、教職課程センターの池﨑文也教授が12月19日横浜市立南希望ヶ丘中学校の1、2年生の全員に対して出張授業「くすりを知る-中学校での学習を活かして-」を行いました。はじめに同中学校の長澤康之校長先生からの紹介を受けたのち、池﨑教授から、くすりの歴史、日本における進展、漢方について、くすりは物質、適正使用、薬物乱用防止等について、中学校で学ぶ理科、社会科、保健体育科、技術家庭科をはじめとする学習事項を取り入れての話に、生徒さんたちは姿勢正しく私語など皆無で、時には笑顔も見せて聞き入っていました。活発な質疑応答の後には、生徒代表から謝辞と花束もいただく感激もありました。

本学教職課程では、健康とくすりに関する知識を豊富に身につけた医薬品や健康食品との正しい接し方が指導できる中学校、高等学校の理科教員養成を目指しています。なお、本件は横浜市教育委員会と本学との相互交流の一環として行われました。このように教職課程センターは市教育委員会との連携・協力を積極的に進めています。 池崎教授による講演に、生徒さんたちも真剣に聞き入っていました。 講演後に生徒代表から謝辞と花束をいただきました。

イベント開催中