お知らせ

4年制薬科学科・教職課程2年生集中講座「地学実験」における学外学習の取組

2018-04-14

平成30年度が始まり、すぐに在学生は新入生のフレッシュマンセミナーと並行して種々の研究や学習に取組んでいます。4年制薬科学科・教職課程の2年生は、この時期に集中講座・地学実験(担当:池崎教授)に取組み、学外諸機関との連携を活かした体験学習も深めました。先ず4月10日には、近隣の県立境川遊水地公園で地域の自然と水環境が市民生活に大きく関わっていることを学びました。続く4月11日は、県立生命の星・地球博物館の笠間友博先生のご案内による箱根火山巡検に取組みました(引率:福田教授、池崎教授)。あいにく現地は荒天でしたが、箱根火山研究のスペシャリスト笠間先生のご指導で箱根火山形成の多くの事を学び、学生個々の自然観察学習の深化となって理科教師を目指す意識の向上につながりました。

このように、本学教職課程では、県内の各種機関との連携を活かした教育活動の展開を進めています。

 

境川遊水地公園副園長の埜村氏による概要説明

 

現地の地層・剥ぎ取り地層の見学(説明は池崎教授)

 

好天の下、ビオトープでいろいろな鳥類の観察

 

箱根環境省ビジターセンターで箱根火山概要を学ぶ

 

大涌谷箱根ジオミュージアムでは蒸気井(温泉造成塔)のモデル観察

 

長尾峠の有名な溶岩露頭は霧が薄れて観察できました!

 

  生命の星・地球博物館を見学後、笠間先生(黄色服)を囲んで  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント開催中