お知らせ

日本薬科大学で研修中の各国学生が横浜薬科大学を見学に訪れました

2018-07-07
7月6日(金)、日本薬科大学で研修中の学生22名が横浜薬科大学を訪れました。 台湾、マレーシア、モンゴルの大学及び高校生は6月から日本薬科大学に滞在し、薬学をはじめ日本に関する理解を深めています。 一行は台湾台中市の中国医薬大学(辜玉茹教授)と日本薬科大学教員3名に引率され、世界の人口問題に関して横浜薬科大学の学生と活発な意見交換を行いました。 台湾、マレーシア、モンゴル、日本の学生が自国の状況、問題点と対策を述べるとともに、他の学生の発表に耳を傾けていました。 意見交換の後は、昼食会と図書館棟21階からの眺望、改装間もない学生食堂などを見学し、有意義な訪問となり、笑顔で離学しました。 本学学生が一行を歓迎 本学教員の定本教授による「人口問題」に関する説明 各国語で活発な意見交換 意見交換の成果 モンゴル高校生が日本語で人口問題の対策を述べました   昼食中も各国事情の意見交換が行われました 横浜薬科大学生による説明 笑顔で記念写真