お知らせ

大類 洋特任教授がスイス・チューリッヒでの国際学会で講演しました

2018-09-07

大類 洋特任教授はスイス・チューリッヒで8月27、28日に開催された6th World Congresson Control and Prevention of HIV/AIDS, STDs & STIsでEFdA:A very Excellent Anti-HIV Modified Nucleoside-From Design to the Current results of Clinical Trialsという演題で講演を行いました。EFdAはその非常に優れた抗HIV活性をもつことから世界中の関心を集めている修飾ヌクレオシドです。

大類特任教授には多くの学会から講演の要請がありますが、今回は6th World Congress on Control and Prevention of HIV/AIDS, STDs & STIsで講演を行いました。講演直後にインド人記者からインタビューを受けるなど高い評価を得ました。

学会会場前でインド人記者にインタビューを受ける大類特任教授

● 大類 洋特任教授 プロフィールはこちら