お知らせ

大類 洋特任教授の書籍出版、講演

2018-10-01

薬品化学総合研究センター大類 洋特任教授がScholar’s Press から「Development of a very excellent anti-HIV modified nucleoside, EFdA」という本を出版しました。EFdAはその素晴らしい抗HIV活性から世界中の注目を集めており、現在米国メルク社が臨床試験(phase II)をしている有望な抗HIV薬です。

大類教授はチューリッヒでの学会発表以後、東京で開催されたInfectious Disease and Stem Cell Biology (9月3-4日)、カナダトロントで開催された2nd International Conference & Expo on HIV/AIDS(9月17-18日)で「EFdAの分子設計・合成から現在の臨床試験の結果まで」という内容でKey Note Lecture を行いました。

大類 洋特任教授の書籍