お知らせ

横浜市立大正中学校の職場体験に協力しました

2019-01-12

横浜薬科大学は1月11日(金曜日)、薬用植物等の教育に活用するため維持管理する薬草園において、戸塚区の横浜市立大正中学校が主催する職場体験学習に協力しました。
中学2年生の男子生徒2名と女子生徒2名は、様々に生い茂る薬用植物等の特徴や身体への効果、飲み方などを教わる傍ら、実際に剪定バサミを使用しての薬草の剪定や種取り、スコップを上手に使っての芋の収穫、清掃ではリヤカーを巧みに引くなど、4名全員が冬晴れの空の下で元気一杯に体験をしました。教室を飛び出し一日中、草や土に触れての今回の職場体験が、貴重な良い思い出になれば幸です。

いよいよ、薬草園での職場体験が始まりまーす

 

 榊原教授が分かり易く薬草の話をしてくれました

 

協力して、大きく成長したレモングラスの収穫です

 

ハサミを器用に使ってジンジャーを剪定します

 

昼食は学生食堂で皆一緒に美味しく頂きました

 

お昼休みに展望ラウンジへ。大正中見えたかな?

 

午後からは、キクイモ、ウコンなどの芋掘りです

 

4人仲良く、土を落として芋を種類ごとに分けます

 

収穫したレモングラスはリース上に編みました

 

枯れ草等を集めると、リヤカーがすぐに一杯に

 

「体験修了証」が教授から一人一人へ授与されました

皆さん、お疲れ様でした。今日の体験を忘れずに!