お知らせ

薬科学科4年生の卒業研究発表会が行われました

2019-02-06

2月2日(土曜日)、4年制薬科学科の4年生(30人)の卒業研究の発表会が行われました。

薬科学科は、2015年4月に定員30名で開設され、今回が記念すべき第1期生の卒業研究発表会でした。

また、この日、ポスター発表会として使われた会場は、研究実習棟のE棟の西側に新しく増設されたF棟の2階が使われましたが、この場所を使用するのも今回が初めてのことでした。

 

前後半に分けて、1時間ずつ、活発に討論が行われました

 

各演題には、副査の先生が配置され、発表の評価を受けました

 

 

本学の薬科学科のカリキュラムは、卒業研究がとても充実しているという特徴があります。

3年生の4月というかなり早い時期から卒業研究がスタートし、4年の2月までの約2年間、研究室に配属されながら継続した卒業研究を行います。

授業のない時間帯は基本的に卒業研究に充てることになっており、一人ひとりに個別のテーマが与えられ、研究マインドやプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、問題解決能力が醸成されていくカリキュラムになっています。

 

この日は、学部生としての集大成となる発表会でしたが、どの学生たちも指導教員とディスカッションを重ねながら、十分な準備をし、レベルの高い研究成果を発表することができていました。

お招きした外部の方(在学生の出身高校の先生)からも高い評価をいただきました。