薬科学科

薬科学科

薬学・医学・工学を融合した「創薬研究」を行う

本学科は、医薬品の創製、開発、生産、さらには健康食品、化粧品、環境や衛生分野などの薬学関連領域での 教育・研究に従事する人材養成を目的としており、他の理系学部と同様に自然科学を学ぶことはもちろん、薬学 としての特徴的科目を学べるカリキュラムとなっています。

アドミッションポリシー(入学受入方針)

薬科学科では創薬の専門家として活躍できる研究者・技術者の養成を目的とし、くすり創りの使命感に満ち溢れた素養を持つ学生の入学を期待しています。
本学は“個性の伸展による人生練磨"を建学の精神とし、豊かな人間性と倫理観、国際感覚を兼ね備えた人材を世に送り出すという教育理念をもって設立されています。
建学の精神に基づく教育理念と目標を達成するために、入学試験に当たっては学力だけではなく、以下のような資質と意欲を持つ入学者を受け入れたいと考えています。


1.本学の建学の精神である「個性の伸展による人生練磨」を理解し、薬学関連の研究分野で国際的に活躍したい人
2.人類の健康を守ることを通じて社会に貢献しようとする志と、より高度な専門知識を身に付けようとする意欲のある人
3.自立心旺盛で勉学と研究意欲に溢れ、先端医療を支える薬学研究者として将来我が国のみでなく国際的に活躍しようとする意欲のある人
4.論理的な思考を通して自ら問題点を見いだし、解決し、新しい方法論の開拓に挑戦したい人

 

薬科学科(4年制)の学問領域
「教育的研究」による実技を中心としたカリキュラム
創薬化学

基本的な有機合成の技術に加え、最先端の創薬技術であるコンビナトリアル合成、 ラボオートメーション技術(ロボットを用いた合成技術)、フロー合成、コンピューターを用いて、 がん、アルツハイマー病、その他難病に対する創薬研究を習得します。

生物・薬物動態

医薬品創出のためのスクリーニング系の確立、開発候補薬物の最適化のための標的蛋白との親和性の 調節、代謝的安定化の技術を習得します。さらに非臨床試験データからのヒト試験実施のための安全性 や患者試験実施のための薬効のシミュレーションを実施し基礎的な理論および技術を習得します。 また、この過程を通して必要な治験実施のための制度・倫理について学びます。

食品・生薬(漢方)

本学科は医薬品だけでなく、パラメディカルのプロフェッショナル育成も基盤とします。研究面では、 製薬企業だけでなく、漢方製剤、食品、化粧品、医療機器会社と共同研究やインターンシップを 通じて実態を把握し、試験管内からヒトでの臨床試験までの、新薬とは異なる研究開発技術を習得します。

4年間の学びと流れ
将来の活躍フィールド
バイオ・化学系企業で技術者(マイスター)として活躍

日本企業の1/3は製薬・化学・化粧品・食品等の化学系企業が占めています。 こうした企業では本来、化学の知識・技術を有する人材が必要とされ、プロセス及び生産の 現場において、確かな薬学・化学的知識を有する技術者(マイスター)の需要は高まっています。 本学の薬科学科では基礎的知識に加え、化学実験等の実技を中心としたカリキュラムにより、 薬学の知識と最先端技術を習得した学生を育成し、他分野に輩出します。

生命科学関連の企業や大学院に進学して活躍

医学分野で成果を出すためには、基礎医学の充実が必須であり、薬学・理学・工学・基礎医学・農学の異分野融合を 推進する必要があります。基礎医学を主とする研究者は、化学・生物の基礎的知識や技術を有する 学生を薬系大学に求めている現状があり、このような背景に基づき、本学科は「教育的研究」を 通じて創薬知識・技術を学生に供与し、薬学・理学・工学・基礎医学・農学分野の大学院への 人材の輩出を目的のひとつとしています。

薬科学科 卒業後の進路
お問い合わせ先 アドミッションオフィス
TEL:0120-76-8089 受付9:00~17:00