在学生の方

荒天時等の授業取扱い基準について


交通機関が不通となった場合または暴風、大雪による気象警報が発表された場合、下記のとおり休講の処置をとります。


【1】 交通状況:交通機関が不通となった場合


午前7時の時点で次のいずれかが生じている場合
・JR東海道線:東京―熱海間全線が不通
・小田急江ノ島線:新宿―片瀬江ノ島間全線が不通

なお、午前7時の時点で上記2路線の両方が運行している場合、授業は予定通り実施します。


【2】 気象状況:気象庁(横浜地方気象台)が神奈川県全域に次の気象警報を発表した場合

(1)午前7時の時点で暴風警報、暴風雪警報または大雪警報が発表されている場合、当日の授業を全て休講します。
(2)暴風警報、暴風雪警報または大雪警報が授業開始後に発表された場合、放送及び掲示で授業継続または中止についてお知らせします。


【3】 その他

(1)当日休講した授業は、後日補講を行いますので掲示に注意してください。
(2)項目1,2は定期試験、追・再試験についても適用します。