在学生・教職員の方

教職課程センター池﨑文也教授が市立南神大寺小学校でくすりの授業を行いました

2018-12-19

本学4年制薬科学科の教職課程では、健康とくすりに関する知識を豊富に身につけた理科教員養成を目指しています。そこで理科教育法担当の池﨑教授の取組として、平成30年12月18日、横浜市立南神大寺小学校6年生の保健の授業において「くすりを知る-正しく使うために-」の出張授業を行いました。

授業では、身近なくすりに関すること、くすりの歴史、日本での発展と漢方、適正使用と薬物乱用防止等について、小学校での理科、社会科、保健体育科、家庭科をはじめとする学習事項を取り入れての話に、児童のみなさんは終始積極的に時には笑顔も見せて授業に参加し、くすりは正しく使うことで役に立つこと、さらには薬物乱用と依存症の重大さも知り、社会的な課題である薬物乱用防止の大切さを学びました。

質問に積極的に答える児童の皆さん 薬物乱用防止を真剣に学びました

●池﨑文也 教授プロフィールはこちら