奨学金制度案内

奨学金制度案内

浜薬修学支援貸与基金

本学において、学習意欲をもった在学生に対して、修学継続に必要な学費の全部又は一部を貸与することにより当該学生を支援し、経済的負担の軽減を図ることを目的とする。

(1)対象者:在学生
(2)基金の種類
  ①第1種修学支援貸与基金  ② 第2種修学支援貸与基金
(3)貸与手続き:申し込みは在学生本人とし学費負担者の連帯保証が必要。
(4)基金貸与:年間に納付すべき学納金総額から貸与額分を減額控除する方法による。(直接支給はしない)
(5)貸与期間:当該年度の1ヶ年とする。(更新可)
(6)利息:無利息貸与とする。
(7)貸与基金の返還方法:貸与総額を卒業年度の翌年度4月から本学指定の銀行口座に振り込み開始。(分割可)
(8)基金に関する問い合わせ先:学生課 045-859-1325(直通)

「特別奨学生」・「一般学生」の皆さんへ

横浜薬科大学では、本学で学びたいという強い意志を持った学生さんに対して、独自の奨学金制度を設定し、学生生活をより充実できるように様々な経済的支援を行っております。

奨学金制度

本学以外での日本学生支援機構の奨学金制度、地方自治体や民間機関・団体の奨学金制度(交通遺児奨学金・あしなが育英会など)などがありますが、本学独自の奨学金制度は非常に充実しておりますのでお奨めいたします。

>>日本学生支援機構のHPはこちらから
>>提携教育ローン「悠裕ローン」のご案内

国の教育ローン(抜粋)
ご利用いただける方

ご融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者で、世帯の年間収入(所得)が次表の金額以内の方

子どもの人数(注) 給与所得者(事業所得者)
1人 790万円(590万円)
2人 890万円(680万円)
3人 990万円(770万円)
4人 1,090万円(860万円)
5人 1,140万円(960万円)
6人以上 コールセンターへお問い合わせ下さい。

(注)

  1. 「子供の人数」とは、お申し込みいただく方が扶養しているお子さまの人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。
  2. 子供の人数が2人以下で、世帯の年間収入(所得)が上記の金額を超える方であっても、世帯の年間収入が990万円(所得770万円)以内であって、次のいずれかに該当する場合はお申し込みいただけます。
     (1)借入申込人またはその配偶者が単身赴任
     (2)返済負担率【借入申込人の[借入年金間返済額÷年間収入(所得)]】が30%超
     (3)勤続(営業)年数が3年未満
     (4)居住年数が1年未満
     (5)ご親族などに「要介護(要支援)認定」を受けている方がおり、その介護に関する費用を負担
     (6)ご親族などに「高額治療費制度」、「特定疾患治療研究事業」または「小児慢性特定疾患治療研究事業」による   医療費の公的助成制度を利用している方がおり、その療養に関する費用を負担

    ※上記の他にも特例要件がありますので、詳細は日本政策金融公庫のホームページでご確認下さい。
    ≫日本政策金融公庫 ホームページはこちら

※世帯の年間収入(所得)には、世帯主のほか、配偶者等の収入(所得)も含まれます。
※学生ご本人または他のご親族でもご利用いただける場合があります。

ご融資の対象となる学校
  • 高等学校、高等専門学校、特別支援学校の高等部
  • 短期大学、大学、大学院
  • 専修学校、各種学校、経理学校、予備校、デザイン学校など
  • 外国の高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院など(6ヶ月以上の留学に限ります。)
  • その他職業能力開発校などの教育施設
ご融資額

学生・生徒お1人につき300万円以内
(ご融資限度内で重複してご利用が可能です。)

ご返済期間

15年以内
(交通遺児家庭または母子家庭の方については、18年以内。)

元金据置期間

在学期間内で元金のご返済を据置くことができます
(在学期間内は利息のみのご返済とすることができます。元金据置期間は返済期間に含まれます。)

【お問合せ先】 教育ローンコールセンター

ナビダイヤル 0570-008656 (受付期間/月~金9:00~21:00/土曜日9:00~17:00)
※日曜日、祝日、年末年始(12月31日~1月3日)はご利用いただけません。
(注)
1 全国から市内通話料金でご利用いただけます。
2 お客さまが加入されている電話でご利用いただけない場合は(03)5321-8685におかけください。