教員プロフィール

田口 真穂

田口 真穂

Maho Taguchi

実務実習センター(講師)

最終学歴

横浜市立大学大学院 医学研究科(医科学専攻)

取得学位

医学修士(横浜市立大学)

所属学会

日本薬学会、日本在宅薬学会、日本医療薬学会、日本病院薬剤師会、日本薬剤師会

現在の専門分野

臨床薬学、社会薬学、疫学・生物統計学、薬理学、分子生物学、免疫組織学

現在の研究課題
  • 医薬品の適正使用に関する研究
  • 地域医療における救急医療のあり方に関する研究
主要研究業績
  • 脂肪組織のPPARγを介したインスリン抵抗性改善作用の解明
  • 脊髄および脳内におけるオピオイド作動薬の鎮痛発現機序に対する薬理学的および分子生物学的検討
  • 地域医療における救急医療のあり方に関する研究
最近の研究業績
  1. 第1回政令指定都市薬剤師会統一薬物乱用防止啓発活動報告 田口真穂,向井秀人,小野春夫,日本薬剤師会雑誌,vol.65,1197-1200,(2013)
  2. A Study on the Relationship Between Psychotropic Medications and Risk for Falls. Shigeyama M,Taguchi M,Maeyama N, Yuhara H, Asado S, Nagata S,Kati T, Fujita K
    Japanese Society of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.37,No.1,49-55(2011)
  3. 一次救急診療における夜間外来受診患者の実態分析と今後の課題 田口真穂 修士論文 横浜市立大学 (2009)
  4. 質の高い薬剤師を目指して救急医療,とりわけ薬・毒物中毒医療への薬学からのアプローチ 小野寺憲治, 松田佳和, 市川勤, 岡野善郎, 福本真理子, 田口真穂, 宮原龍郎, 野村靖幸 薬局Vol.58,No.11,2999-3007(2007)
  5. Prevention of diet-induced obesity by dietary isomerized hop extract containing isohumulones, in rodents. Yajima H, Noguchi T, Ikeshima E, Shiraki M, Kanaya T, Tsuboyama-Kasaoka N, Ezaki O, Oikawa S, Kondo K.
    International journal of obesity. 29(8):991-7. (2005)
  6. Isohumulones, bitter acids derived from hops, activate both peroxisome proliferator-activated receptor alpha and gamma and reduce insulin resistance. Yajima H, Ikeshima E, Shiraki M, Kanaya T, Fujiwara D, Odai H, Kasaoka N, Ezaki O, Oikawa S, Kondo K.
    The Journal of Biological Chemistry. 279(32): 33456-62. (2004)
  7. Modulation of nociceptive transmission by pituitary adenylate cyclase activating polypeptide in the spinal cord of the mouse.Ohsawa M, Brailoiu GC, Shiraki M, Dun NJ, Paul K, Tseng LF.
    Pain. 100(1-2):27-34. (2002)
  8. Vancomycin Treatment of Methicillin-Resistant S.aureus: A Retrospective Study. Li X, Hara I, Shiraki M, Miyamoto J, Maehara K, Nawa H, Koike S, Takasaki M, Matsumiya T.
    Pharmacology Reviews and Communications. 12:119-128. (2002)
  9. Release of [Met5] enkephalin from the spinal cord by intraventricularly administered endomorphin-2, but not endomorphin-1 in the anesthetized rat.Ohsawa M, Shiraki M, Mizoguchi H, Narita M, Kawai K, Nagase H, Cheng EY, Narita M, Tseng LF.
    Neurosci Lett. 4;316(1):1-4. (2001)
  10. Recent Topics “Minoxidil”. Shiraki M.
    Folia Pharmacologica Japonica ; 114: 78.(1999)
  11. System of therapeutic drug consultation service in Tokyo Medical University. Matsumiya T, Hara I, Inazu M, and Shiraki M
    Japan medical Journal. 3901: 29,(1999)
  12. Prescription drug information required by doctors in Tokyo Medical University Hospitals: Results of a questionnaire. Hara I, Shiraki M, Inazu M, Hayashi M, Tsuji M, Takada K, Takeda H, Matsumiya T
    Journal of Tokyo Medical University. 56 (5): 638, (1998)
著書(2000年以降)
  1. 田口 真穂(分担執筆): 第98回 薬剤師国家試験 解答・解説集- 2013, (寺林進、藤井儀夫、小俣義明、梶原康宏 編),横浜薬科大学, (2013).
  2. 田口 真穂(分担執筆): 第97回 薬剤師国家試験 -解答・解説集- 2012, (梶原正宏、藤井儀夫、小俣義明、梶原康宏 編), 横浜薬科大学, (2012).
  3. 田口 真穂(分担執筆):第96回 薬剤師国家試験 -新国家試験形式 解答・解説集- 2011, (野上靖純、梶原正宏、藤井儀夫、小俣義明、稲葉二朗、梶原康宏 編),横浜薬科大学, (2011).
  4. 田口 真穂(分担執筆):バイタル異常・急変・ME機器でのアラームサインへのアプローチ –緊急治療を要する疾患の病態生理と薬物治療-,小野寺憲治編集,薬事日報社(2010).
  5. 田口 真穂(分担執筆):登録販売者標準テキスト ~医薬品の販売者となるために~,小野寺憲治編集,薬事日報社(2008)
  6. 田口 真穂(分担執筆):薬剤師・MR・コメディカルのための救急医療マニュアル,野村靖幸監修,エルゼビア・ジャパン (2007).
  7. 田口 真穂:夜間救急病院での薬剤師の活動 医療と薬剤 ”救急・災害医療と薬剤師”,薬事日報(2007)
  8. 田口 真穂(分担執筆):わかりやすい疾患と処方の解説. 佐藤哲男編, アークメディア(2002)