教員プロフィール

渡邉 泰雄

渡邉 泰雄

Watanabe Yasuo

薬科学科、健康薬学科/食化学研究室、総合健康メディカルセンター(教授)

最終学歴

北里大学 大学院

取得学位

医博

所属学会

【海外】
Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum(Acting Member)、Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum (International Program Committee, and Credentials & Membership Committee)、American Association for the Advancement of Science(Acting Member)、Human Psychopharmacology Clinical and Experimental(Member of Editorial Advisory Board)、Neurochemistry International(Member of Editorial Advisory Board)

 

【国内】
応用薬理学会(理事)、日本疼痛診療学会(理事)、日本薬理学会(評議員)、日本神経精神薬理学会(評議員)、和漢医薬学会(評議員)、脳蘇生研究会(評価委員)、東京医科大学医学会、日本脳科学会、日本麻酔薬理学会、日本脳循環代謝学会、ペインクリニック学会、神経免疫学会、日本神経学会

現在の専門分野

食理学、食科学、機能性食品機能解析学、応用薬理学、精神神経薬理学、臨床薬理学

現在の研究課題
  • 「クスリ」と「食」の機能解析学的研究
  • 薬食相互作用に関する研究
  • 機能性食品の補完医療への適用に関する研究
主要研究業績
  • 「クスリ」と「食」の機能解析学的研究(バナジウム天然水、ウコンの力、干しえのきたけ、えのき茶)。
  • 脳内輸送系と脳細胞環境系との相関性を基盤とした補完的脳蘇生法の構築
受賞
  • 1983年 6月 MSP research award (Univ. of Ill. College of Medicine)
  • 1986年 5月 佐々賞(東京医大)
  • 2009年 6月 中国医科大学天然物薬理年会賞
  • 2010年 2月 応用薬理理事長賞
最近の研究業績(2011以降の主な論文)
  1. Simizu R., Oh-I T., Takahashi Y., Okumura H., Okuda T., Watanabe Y., Improvement of facial skin condition by the home-esthetic program using the multi-functional facial machine with assigned cosmetics. JADS 6, 15-22, 2013
  2. Chino D., Masuda, H., Goto, Y., Sato, K., Obara, K., Kitazawa, N., Kanie, K., Tanaka, Y., Watanabe Y., Induction of endothelium-dependent relaxation in rat aorta via nitric oxide production caused by the aqueous extract of Astragalus membranaceus Bunge leaves. J Trad Med, 30, 41-50, 2013
  3. Asanoma M., Tachibana N., Hirotsuka M., Kohno M., Watanabe Y., Effects of soy protein isolate feeding on severe kidney damage in DOCA-salt treated obese Zucker rats. J Agricul Food Chem. jf-2012-00598
  4. Nakano, Y., Watanabe Y., Ito, Y., Yamada, S., Tokiwa, H, Novel homodimer model of the β-adrenergic receptor in complex with free fatty acids and cholesterol; first-principles calculation studies. Bioinformation 8, 1245-1248, 2012
  5. 齋藤 博,荒井健介,久保光志,溝口将也,山田静雄,渡邉泰雄,エノキタケ抽出物含有脂肪酸混合物の生物学的利用能(第2報)―ヒトでの吸収ならびに血中動態の検討―,応用薬理,81(1/2)5-10(2011).
  6. 窪田洋子,渡邉泰雄,脇 能広,瀧 優子,山田静雄,篠塚和正,梅垣敬三,ワルファリンの血漿タンパク質結合に及ぼすイチョウ葉エキスの影響, 応用薬理, 80, 21-26(2011).
  7. Murozono M., Matsumoto S., Okada S., Nagaoka D., Isshiki A., Watanabe Y., Reduction of brain infarction induced by a transient brain ischemia in mdr1a knockout mice, Neurochem Res., 34, 1555-1561 (2011)
著書 (主な著書他8編)
  1. 渡邉泰雄「えのき茶ダイエット」小学館、東京、2013
  2. 渡邉泰雄 「干しえのき・えのきたけ20倍健康法」永岡書店、東京、2013
  3. 渡邉泰雄、奥田知規、堀祐輔「皮膚のクスリが判る本」地人書館、東京、2007
  4. 渡辺泰雄・梅垣敬三・山田静雄(編著)「クスリの判る本;クリを扱う人のための医薬品応用学」、地人書館, 東京、2004.
  5. 松本晶平、室園美智博、一色淳、張俊、渡辺泰雄、「脳細胞環境系調節機構の脳神経保護への役割」、脳機能の解明、生命科学の主潮流:赤池紀生、東英穂、阿部康二、久保千春、編集、pp171-177、ガイア出版会、福岡、2002.
  6. 薬用キノコとその将来」、キノコを科学する:江口文陽、渡辺泰雄、編集、pp85-112,地人書館, 東京、2001.
  7. 渡辺泰雄、「環境因子と疾患」、生命と環境の科学:江口文陽、渡辺泰雄、桧垣宮都(編)、pp85-112、地人書館、東京、1999
  8. 渡辺泰雄:「免疫疾患、膠原病および類縁疾患」、臨床薬物治療学ー疾病の解説と薬の使い方ー、医療薬学研究協議会編、国際医書出版、東京、2000.
  9. Y. Watanabe, Y. Hori, S. Mizuno, K. Horie and Y. Oushiba:Cytosolic Ca2+ modulation of newly synthetized Ser-contained GABA-peptide related to the antipsychotic action.,Ca Ion Modulators : The New Wave of Psychotropic Drugs, Eds K. Inoue and Y. Watanabe,pp 48-57, Gordon And Breach Science Publishers,Switzerland,1998.
  10. Y. Watanabe, T. Shibuya:Modulators of both GABAA receptor and cytosolic Ca2+ level related to anovel treatment for epilepsy. GABA: Receptors, Transporters and Metabolism, Eds C. Tanaka and N.G. Bowery. pp 283-291, Birkhauser Verlag Basel/Switzerland, 1996.
  11. 渡辺泰雄:「中枢性Ca拮抗薬:痴呆症の原因療法薬となり得るか?」脳機能の解明-分子から病態まで-:赤池紀扶,小暮久也,pp 281-284,創風社,東京1994