教員プロフィール

鷲見 正宏

鷲見 正宏

Masahiro Sumi

臨床薬学科/薬剤学研究室 (教授)

最終学歴

昭和大学 薬学部卒

取得学位

薬学博士 (昭和大学)

所属学会

日本薬学会、日本医療薬学会,日本歯科薬物療法学会、日本プライマリ・ケア学会、日本予防医学リスクマネージメント学会、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、神奈川県薬剤師会、神奈川県病院薬剤師会、東京都病院薬剤師会

現在の専門分野

医療現場のニーズに応えられる薬剤学

現在の研究課題

院内特殊製剤の製剤設計と臨床評価
抗パーキンソン病薬の体内動態と投与設計
ニトログリセリンの血管内代謝および耐性機構の解明
ワーファリンのPK/PD解析
医薬品情報のネットワーク化の研究
インフォームド・コンセント取得のためのツール作成と評価
薬剤管理指導支援ツールの作成と評価

主要研究業績

カルバマゼピンの生物薬剤学的研究(昭和大学、学位論文)
カルバマゼピン結晶多形の溶解挙動
アモバルビタールの混合粉砕に関する研究
メトトレキセートの体内動態に関する研究
ニトログリセリンの血管内代謝および耐性機構の解明

最近の研究業績
  1. 電子紙芝居を用いたがん化学療法(FOLFOX4)のインフォームドコンセント, 鷲見正宏, 永井章予, 他, 日本病院薬剤師会雑誌, 43 (3): 384-386 (2007)
  2. 透析患者に対する投与禁忌薬の処方状況と防止対策の検討, 鷲見正宏, 大塚幸彦, 他, 日本病院薬剤師会雑誌, 43 (3): 365-367 (2007)
  3. 小児病棟における服薬指導によるコンプライアンス向上の試み,谷口貴子、鷲見正宏,他,
    日本小児臨床薬理学会雑誌,12 (1): 67-68 (1999)
  4. Enhancement of nitroglycerin induced blood vessel relaxation in chronic renal failure model rats, Kurata N, Nakamura S, Mizumura J, Sumi M, Nishimura Y, Yamamoto T, Yasuhara H, Res Commun Mol Pathol Pharmacol., 106(1-2):23-36 (1999)
  5. Investigation of aortic CYP3A bioactivation of nitroglycerin in vivo, R. Yuan, M. Sumi, and Leslie Z. Benet, J. Pharmacol. Exp. Ther., 281(No.3), 1499-1505 (1997)
  6. 他剤配合による塩化リゾチーム製剤の配合変化,北村美津子, 小林カオル, 鷲見正宏, 山元俊憲, 黒岩幸雄,病院薬学,21:243-249 (1995) 
  7. MTX・5ーFu併用療法における血清中MTXの動態,辻巻美緒, 角田左武郎, 堀 雅人, 佐藤 篤, 大島 修, 鷲見正宏, 南雲正男,歯科薬物療法 11(3): 160-165 (1992)
  8. カルバマゼピン結晶多形の溶解挙動,金庭延慶, 渉 信敏, 市川順一, 山口哲夫, 梅沢 修, 川上かつみ, 浅海博子, 鷲見正宏,粉体工学会誌,28(4):239-247 (1991)
  9. 家兎におけるカルバマゼピンとそのエポキシドの体内動態に及ぼすフェノバルビタールの影響,鷲見正宏, 渉 信敏, 内藤治隆, 梅沢 修, 金庭延慶,薬学雑誌,107(12):984-991(1987)
  10. Pharmacokinetic Study of Carbamazepine and Its Epoxide Metabolite in Humans, M. Sumi, N. Watari, O. Umezawa, N. Kaneniwa, J. Pharm. Dyn. 10:652-661 (1987)
  11. Solubilization of Amobarbital by Mechanical Treatment in the Presence of the Diluent, N. Kaneniwa, A. Ikekawa, M. Sum, Chem. Pharm. Bull., 26(9): 2734-2743 (1978)
  12. Decrease in Crystallinity of Amobarbital by Mechanical Treatment in the Presence of the Diluent,  N. Kaneniwa, A. Ikekawa, M. Sum Chem. Pharm. Bull., 26(9): 2744-2758 (1978)