教員プロフィール

森 和也

森 和也

森 和也

Mori Kazuya

健康薬学科/生化学研究室 (教授)

最終学歴

明治薬科大学 薬学研究科 修士課程修了 (薬理学専攻)

取得学位

薬学博士 (明治薬科大学)

所属学会

日本薬学会、日本生化学会、日本ウイルス学会

現在の専門分野

生化学、感染免疫学、分子生物学

現在の研究課題

生薬の遺伝子鑑別に関する研究
生薬成分の薬効解明に関する研究

主要研究業績

漢方薬(補中益気湯)の免疫賦活化作用とウイルス感染防御効果に関する研究
附子(ブシ)アルカロイド,ベンゾイルメサコニンの感染防御効果に関する研究
医療用医薬品(抗ウイルス剤,抗真菌剤)に関する研究開発
一般用医薬品(OTC薬)に関する研究開発

最近の研究業績
  1. Identification of Lycium chinense and Lycium barbarum Based on trnL Sequences of Choroplast DNA. Kazuya MORI, Atsuo NAKAMURA, Masaki OHKUBO, Mao SHIBA, Kenji KONDO, Susumu TERABYASHI and Shigeo NAKAJO J. Jap.Bot. 89(2) 2014impress
  2. イブクイック頭痛薬(イブプロフェン配合剤)の薬物動態試験.  森和也, 阿出川滋, 神戸英芳, 川瀬一朗, 倉本弘一, 森陽子, 時澤実, 中本美紀, 平野正憲, 山内和彦, 西村忠洋, 今森勝美, 坂井裕貴, 北史男, 保田国伸.  医学と薬学. 57: 335-342 (2007)
  3. 実験動物を用いたイブクイック頭痛薬の薬理学および薬物動態学的研究森和也,神戸英芳, 時澤実, 大川順二, 川瀬一朗, 猪田利夫, 倉本弘一, 森陽子, 平野正憲, 山内和彦, 坂井裕貴, 北史男.  医学と薬学. 57: 325-333 (2007)
  4. ゲノム医療・創薬におけるインフォマティクスの動向 ―バイオインフォマティクス,ケモ―インフォマティクス,システム生物学―.  具嶋弘,森和也,玉起美恵子,千木良純,他 (財)ヒューマンサイエンス振興財団.  (2002)
  5. The protective effect of Hochu-ekki-to (TJ-41), a Japanese herbal medicine, against HSV-1 infection in mitomycin C-treated mice.  Kido, T., Mori, K., Daikuhara, H., Tsuchiya, H., Ishige, A. and Sasaki, H.  Anticancer Res. 20: 4109-41114 (2000)
  6. Effect of Hochu-ekki-to (TJ-41), a Japanese herbal medicine, on the survival of mice infected with influenza virus.  Mori, K., Kido, T., Daikuhara, H., Sakakibara, T., Sakata, T., Shimizu, K., Amagaya, S. and Komatsu, Y.  Antiviral Res. 44: 103-111 (1999)
  7. Anti-viral effect of Hochu-ekki-to (TJ-41), on the model of mice infected with influenza virus.  Mori, K., Kido, T., Daikuhara, H., Amagaya, S. and Komatsu, Y.  J. Traditional Med. 15: 370-371 (1999)
  8. The regulation of burn-associated infections with herpes simplex virus type 1 or Candidaalbicans by a toxic aconitine-hydrolysate, benzoylmesaconine: Part 2. Mechanism of antiviral action. Immunol.  Kobayashi, M., Kobayashi, H., Mori, K., Pollard, R., B., and Suzuki, F.  Cell Biol. 76: 209-216 (1998)
  9. he regulation of burn-associated infections with herpes simplex virus type 1 or Candidaalbicans by a toxic aconitine-hydrolysate, benzoylmesaconine: Part 1. Antiviral and antifungal activities in thermally injure mice.  Kobayashi, M., Mori, K., Kobayashi, H., Pollard, R., B., and Suzuki, F.  Immunol. Cell Biol. 76: 202-208 (1998)